利用運送業を始めるには現実は壊れている

私は定年退職と同時にかねてから興味のあった利用運送業を開業しようと考えています。
今現在色々な方からのアドバイスを頂き準備を進めています。そしてそれに備えて営業活動の方も行い始めました。そしてゲームソフト会社の荷物をの配送を請け負う事が出来ています。かなりの数があるようなのですが何としても熟していくつもりでいます。
この世界で成功を収めて少しでも社会の為になれればと考えています。誰もが一度は考える起業への道を私はこの年になってやり遂げたいと思っています。その理由は昔子供の頃、軽トラックに乗ったおじさんが我が家に荷物を配達してくれる姿に憧れていたからでした。そして幼い頃に自分は配達のオジサンになるんだと思っていました。その夢がかなってうれしいばかりです。

配達トラック

私自身も人から好かれる配達のオジサンになれればいいなと思っています。そしてゲームソフトを配達した際の子供達やゲームマニアの方達の喜ぶ顔が見れれば何よりだと思います。そして利用運送業を始めて良かったなぁ、と思えるように頑張って行きます。そしてゆくゆくはたくさんの荷主さんから荷物を預かり配達する。
そしてこの利用運送業に携わる人たちが何時も笑顔でいられるような世界になればと願っています。またそれに少しでも貢献しようと思います。
そして我々のような高齢者にもまだまだできる仕事があるんだと言う事を世の中の我々と同じ世代の人にも知ってもらえればと思います。

行政書士事務所に持ち込まれるM&Aと事業売却の相談

最近東京都新宿の行政書士事務所にはありとあらゆる相談が持ち込まれるのですが、その中でも一番多い相談がM&Aと事業売却に関する相談が圧倒的に多いのです。それだけ世の中でM&Aと事業売却が行われているということになります。我々にしてみれば相談に来られて方が誰であろうとご満足していただける仕事を心がけています。それはこの世界をより良いものに変えることだと信じています。
先週もゲームソフトの開発を行っている会社の事業承継の相談を受けました。勿論、過去にも同じ相談を受けたことがありその実績もあったことから我々のできる限りのアドバイスをおこないました。東京都新宿では最近M&Aや事業売却の相談を専門に扱う行政書士事務所が多くなりました。それだけ需要があるということなのですがすべての行政書士事務所がM&Aと事業売却を専門にしている事務所ばかりではないため、それらの相談に対しての対応に差はあるようです。必ずしも成功するということではないのです。
うちで先週相談された案件もなかなか難しい相談ではあるのですが準備を万端に整えているのでなんとかなりそうです。ですから行政書士事務所の仕事もなかなか簡単にはいかないこともあるのです。M&Aや事業売却に必要な書類をそろえることは慣れているのですがそこから先は行政書士が介入できない部分もあるためそのような結果になるのです。私たち行政書士がより良いアドバイスをしたからと言って100%うまくいくという保証はないのです。
ですが少しでも依頼主様のお役に立てるように頑張っていきたいと常日頃から考えています。

現実は壊れている会社の立て直しの為に海外へ、それに必要なパスポート申請

今現在私の会社は休業状態です。その理由は以前やっていた軽貨物運送業に加えてゲームソフトのを扱うビジネスに手を出してしまったからなのです。最初は順調に進んでいたのですが海外から入って来るゲームソフトに押されて国内メーカーの商品の需要が減ってしまった事が原因です。
我々は誰がどうのこうのと言う事は言わず、ただ自分達の会社の立て直しだけを考えています。そして来月海外ゲームメーカーの視察に出掛ける計画をたてパスポート申請をしました。東京の行政書士事務所に頼んでパスポートの書類を作成してもらって代行する代理申請を依頼しました。話では来週にはパスポートは申請されるそうです。
海外のゲームメーカーの人気商品を日本国内に輸入しそれを日本でのインターネット販売を行う計画をたてているのです。勿論今まで通り国内のゲームメーカーのモノも販売しますが両方の商品をそろえることでより多くのゲームマニアに提供できると思います。
ゲームを通じて世界の人々の幸せに貢献できればと考えています。我和の野望は世の中の流れによって変化してゆきますがそれは叶ず人々の為になる事だと考えているのです。それは何を理由にそういえるのかは現時点では分かりませんがその答えはこれからのビジネス展開で全てがはっきりするはずです。来月にはパスポートも自分の元に届けられることでしょう。
その後は世界各国のゲームメーカーで色々なゲームに触れて実際にゲームをプレイしてみようと思っています。そして一日でも早く現実に壊れてしまい休業している会社を復活させたいです。

現実は壊れているモノでも甦らせる古物商許可書

古物商と言うのは中古品や金券使い古した電化製品、また故障しているモノを修理し再生させて世の中へ送り出していく商売です。そのビジネスに必要となるのが古物商許可書です。
この許可書があれば使わなくなったゲーム機などの買取りを行い、そのゲームをまた必要としている人へ転売することが出来るのです。そうすることで世の中の無駄とされたものが再生され生き返りまたその商品を必要とする人が使っていく。現実には壊れているモノでも修理さえすればまだ使えるものが世界にはたくさんあります。我々はそれを忘れてしまっているのです。誰かに教えてもらえる事でそれを思いだしモノへの愛着心をもう一度取り返すことが抱けるのだと思います。
そんな志が世の中に広がりいまや街の至る所にリサイクルショップが存在しています。そして一度はごみ扱いされた骨董が買取されて店頭に並んでいるのです。これは一時ゴミ社会と言われた時代に歯止めをかけることに繋がったのです。次から次へと出てきたゴミも最近では若干ではありますが減少傾向にあります。これは人類の一人一人がごみを出さないように気を配った証しでもあるのです。
今後も続けていくべきことなのでしょう。ゲームのプレー準備は何時も出来ているかもしれませんがそれに伴って出てくるごみの処理の方法も考えておかなくてはなりません。世の中を変化させていきましょう。それこそが我々一人一人がやらなくてはならない事なのです。

現実は壊れているがそれを赤ナンバーがすくいだす

赤ナンバープレートは何台もの修理車両を運ぶのに使わられるナンバープレートですがここ最近ゲーム機の運搬車の修理の搬送に使われることが多くなっています。ゲーム業界の世界を変えることが出来るのは多くのゲームを一気に運ぶことが出来る搬送車が必要です。その搬送車が増えれば増えるほど修理工場も忙しくなってきます。
定期点検に車検を受けさせたり、故障個所の修理をしたりと大忙しです。私達にはあまり馴染みのない世界ではありますが我々の生活には大きくかかわりを持っています。車は登録があるからこそ修理工場は修理車両を安全に公道を走って運ぶことが出来るのです。また周りを走る普通車両もあの車は故障者だと直ぐに判断できます。変化の激しい今の世の中で色々な準備をしておくことは大切です。その中の一つに故障した車両の修理、車検切れの車に車検を受けさせることや、その他にも色々な事情で修理工場へと運ばなければなりません。
現実的に言えば壊れた車両を運ぶ為には必要不可欠なものが赤ナンバープレートなのです。赤ナンバープレートが私たちの世界にどれだけの幸せをもたらしてくれるかはこれからの我々の準備次第だと思います。祖の準備こそが子の世界をより良い世界に変えていくことに繋がって行くと考えています。
今後、登録番号での修理車両の配送は今よりももっと増えていきます。そのことも想定して赤ナンバープレートの保険料金は一台分で済むように設定されたのです。

軽貨物運送業の壊れた現在を建て直す

今現在の軽貨物業界は全盛期に比べるとかなり衰退してしまいました。そんな中一つの光が見えてきました。それはゲーム業界とのタイアップでゲームソフトの宅配を行う計画が練られています。それもゲーム業界全体でゲームソフトを好きな時にもしいものをインターネットで注文できるようにして、注文された商品は直ぐに軽貨物運送業者にわたり軽トラックに乗った宅配員によて一般家庭に届けられるというものです。
今現在ゲームソフトは子供たちは当然のこと大人やお年寄りに至るまで浸透しています。「勿論いろいろなタイピノゲームが開発されていて世の中のゲーマー達の心を虜にしています。世のゲーマー達のプレイ準備はいつでも出来ています。ゲームが目の前に存在した段階でスイッチは押されます。ゲームは私たちの心を和ませてくれます。より良い世界を築いて行くのに必要不可欠なものとなっています。現在壊れてしまった軽貨物運送業の世界を一日でも早く建てなおす必要があるのです。それは多くの人々の力が必要となります。我々は力を合わせてこの貨物自動車運送を改善していくつもりです。
そしてこの軽貨物運送業を通じて一人でも多くの人が幸せになればと考えています。ですからこのゲーム業界とのつながりを大切にしつつ世の中に貢献していければと思っています。この軽貨物運送業をより良いものに変化させることが世界の幸せに繋がって行くことを願っています。

医療の現実は壊れている。そんな医療現場をたてなおす医療法人の設立

最近よく耳にする話で世の中IT化が進む中、個人情報や企業の情報の漏えいがあちらこちらで起こって大問題となっています。特に最近多いのが医療の世界での個人情報が漏れてしまい世間を騒がすほどの問題になっています。それらの漏えいは全て管理府域と土岐が原因とされています。中には個人情報を業者との売買で収入を得ている不届き者がいるくらいです。ですから一日でも早くこの医療の世界を変えることが出来る医療法人の設立が必要でしょう。
今までより良い社会だと思い込んできた我々はIT化が進みゲーム感覚で物事に対して行動する人間が増えてきた現在、一度リセットして現実は壊れている事の自覚をする必要があるのではないでしょうか。ありとあらゆる処に広まったゲーム性の蔓延る世の中をより良い世界に帰ることが出来るかどうか試してみなくてはなりません。そして我々がゲームの停止スイッチを押す準備をしなくてはなりません。医療の現場を正していくには新たな医療法人設立が急務とされています。そのことを一人一人が自覚し新しい医療法人設立に尽力していこうではありませんか。一人で多くの人が壊れている医療施設の税務会計を改善することに力を注いだなら、間違いのない情報漏えいのない世界に帰ることが出来るでしょう。
現実的に壊れてしまったこの世界を一日でも早く改善させましょう。ゲイム感覚でプレイして業務をおろそかにするようなことのないようにすることが大切です。

一般社団法人の現実は壊れている

世界を変えることが出来る一般社団法人の設立には多くの人達が関わり、尽力してきました。しかし今現在の一般社団法人の現実は壊れていて今後改善していかなくてはなりません。
私達がどのように世の中をより良くしていこうとしても本体の一般社団法人自体がちゃんとした形で成り立っていなくては何の意味も成しません。世の中はどんどん進化を続け変化しています。その都度現実は壊れてしまい、新たな一般社団法人を必要とします。その時こそ世界を変えることが出来るかを考えていくべきなのです。時にはゲーム性の高い戦略も必要となるかもしれません。そんな時こそ新たに設立した非営利法人が先頭に立ってプレーの準備は出来ましたか?っと声を掛けなくてはなりません。
我々は今の現代社会にマッチした一般社団法人の設立が望まれています。そして一人一人が自分を見つめなおし、我々が誰であるかを追求する必要があるのです。ゲームは私たちがどう操作するかによって大きく変わってきます。世界を変えることが出来るゲームを制作する一般社団法人が必要なのではないでしょうか。
ゲームで世界が変わる。そんな世の中にしてみてはどうでしょうか。子どもからお年寄りまでがたのしめるゲームを制作しそれを世界に広める。そしてそのゲームを通じて幸せな世界が世の中に浸透してゆく。何と素晴らしい世界なのでしょう。そんなことを実現させることの出来る一般社団法人を設立させましょう。